オイルフリーのスキンケアアイテムがもたらすメリット&デメリット


敏感肌の方や肌のベタつきが気になる人がチェックするスキンケアアイテムの条件の一つにオイルフリーがあげられます。

オイルフリーとは、読んで字のごとく、油分を使用していないということ。油分を使用しないオイルフリーをうたうスキンケアアイテムにはどんなメリットがあり、逆にどんなデメリットがあるのか。今回はしっかり検証したいと思います。



オイルフリーのメリット




オイルフリーのスキンケアアイテムのメリットにはいくつかがあります。

例えば、オイルが原因あるいは皮脂の量が多いことが原因で肌荒れしている人は、オイルフリーを使用することでそのトラブルが解消する可能性があります。

また、オイルクレンジングを愛用している人にありがちな、オイルの洗い残しによる毛穴の詰まりも改善されます。

さらに、オイルには皮膚が本来持つ皮脂までも除去してしまう可能性があるので、オイルフリーを使用すれば過剰な皮脂の除去を避けることができます。

特に、多くのオイルクレンジングには乳化剤(界面活性剤)が配合されているので、その成分が肌に必要な皮脂まで溶かしてしまうことも。そのような心配がないのがオイルフリーのスキンケアアイテムのメリットです。



オイルフリーのデメリット




ではオイルフリーであることのデメリットはあるのでしょうか?

例えば、オイルフリーのクレンジング剤はクレンジングオイルに比べて、メイク落としの効果が劣る場合があります。さっぱりメイクを落としたい人には不向きかもしれません。

また、オイル使用のスキンケアに比べて、オイルフリーの場合若干お値段が高めになる傾向も。

そして、乾燥肌の人がオイルフリーのスキンケアアイテムを使用すると、かえって水分が不足し、肌トラブルが増加してしまう危険性があります。

これは、オイルが肌の水分を守るコーティング作用を持っているため。過剰に油分を減らしすぎると、肌がかえって水分不足に陥ってしまう可能性があるんですね。



オイルフリーのスキンケアアイテムの選び方




オイルフリーをうたうスキンケアアイテムを使ってみたいという方にぜひチェックしてほしいのが、そのスキンケアアイテムに保湿成分が含まれているかどうか。

ただ、油分を取り除くのではなく、その代わりとなる保湿成分が含まれているアイテムであれば、乾燥肌の人も安心して使用できますよ。

 多くの人が注目しているけども、イマイチそのメリット・デメリットが明確でないオイルフリー。しっかり学んで、自分にピッタリのスキンケアアイテムを見つけましょうね。

よく読まれている記事

ビュールハニードロップの口コミと効果

アンチエイジングにおすすめの基礎化粧品8選

お肌のターンオーバーを正常にするのは腸が関係している?

メイクを改善して、脱“老けて見える”!

よく眠る人は肌が美しい、美魔女になるには睡眠が必要な理由