メイクを改善して、脱“老けて見える”!

お肌のお手入れもバッチリ、ヘアスタイルにも大人らしい余裕を感じさせられる、ファッションだって最先端の流行に自分らしさを加えた完璧なスタイル! なのに……どうしてか老けて見える方、いますよね。

その原因は取り残されたメイクかもしれません。女性の第一印象を左右する大きな要因の一つであるメイクを改善して、老けて見えない自分を目指しましょう!


カバーすることに注力しすぎた厚塗りファンデ




シミやくすみ、肌の色むらをカバーするために、スポットコンシーラーで気になる箇所を隠して、さらにリキッドやクリームタイプのファンデーションデしっかり仕上げて……と肌の欠点を隠すことに必死になる気持ちも分かりますが、その厚塗り、まさに老けて見える原因です。

厚塗り自体が古臭い印象を与えてしまうのです。でも厚塗りしなきゃ肌の欠点が隠れないと悩んでいる方にオススメしたいのが、パール入りの下地です。光が肌に集まり、自然な明るさを演出してくれます。


こってり濃厚アイメイクもNG




目元クッキリがメイクの必須条件だったのも、今となっては過去のこと。印象的な目元を作ろうと、寒色系やキラキラ系の濃いアイシャドーをたっぷり塗ったり、目の周りをぐるっと黒いアイラインで囲ったりする“こってり濃厚アイメイク”は老けて見える原因になっています。

さらに言ってしまうと、つけまつ毛やぱっちりエクステも「若くないのに無理しちゃって」という印象を与えがち。結果、年齢よりも上に見られてしまう危険性があります。


では、どうすればいいのでしょうか?




アイメイクのポイントはニュアンスカラーや濃淡のグラデーションといった、繊細さです。瞳をぱっちり見せたい人は、ニュアンスカラーのアイライナーで、目の上だけラインをいれるのも◎。

マスカラもボリュームアップタイプよりは、長さを出すタイプを選んで、しとやかで上品だけど、ほんのりセクシーな大人の目元を演出しましょう。


コスメもグッズもブラッシュアップが必要




ここまで、老けて見える原因となるメイクの改善策をお教えしてきましたが、最後はコスメとメイク道具そのものについて。

今使っているコスメ、いつ買ったものですか? 使っているパフやブラシはいつ買いましたか? メイク用品もメイク道具も、日に日に進化を遂げています。「使い慣れているから」と何年も同じアイテムを使っていては、いつの間にかそのメイクが「古くなる」のは当然のこと。

勇気を出して、1シーズンに1つは新作をゲットしてみましょう。使い方が分からなくても、大丈夫。習うより慣れろです。

老けて見える原因の一つとなるメイクを改善して、程よく今っぽい素敵な女性を目指しましょう。







よく読まれている記事

ビュールハニードロップの口コミと効果

アンチエイジングにおすすめの基礎化粧品8選

お肌のターンオーバーを正常にするのは腸が関係している?

よく眠る人は肌が美しい、美魔女になるには睡眠が必要な理由

オイルフリーのスキンケアアイテムがもたらすメリット&デメリット